福岡市・北九州市で新型コロナ対策のための光触媒コーティング

蟻道について

本日は「蟻道」(ぎどう)についてお話いたします。

そもそもシロアリって

「シロアリ」という言葉を知らない人はあまり見受けられませんが、実際にシロアリを見たことのある人は、少ないのではないのかなと思われます。 シロアリは木を主食とする昆虫ですが、木の表面には出てこないため普段目にすることはあまり多くありません。 しかし、実は地球上で最も数の多い昆虫と言われ、自然界ではシロアリがいなければ生態系が成り立たないほど重要な役目を担っています。

シロアリは木の幹に豊富に含まれる「セルロース」を栄養とする数少ない生物で、倒木などを土に還すため”森の分解者”と呼ばれています。 また、木を食べるシロアリがアリ(以下、黒アリ)などに食べられることから、植物性たんぱく質を動物性たんぱく質に変えることになり、自然界の食物連鎖においても重要な昆虫とされています。そんな、自然界では必要とされるシロアリが、人間の住む木造住宅にとっては恐ろしい天敵となってしまうのです。

そんなシロアリの通る道「蟻道」とは

こちらの動画を御覧ください。

「アリの道」と書いて「蟻道」と呼ぶようにいわゆる「シロアリが通る道」です。

シロアリの特性上、あまり外に出ることを嫌います。ですが餌(木材、セルロース等)に到達するまでには日が当たらないように自分たちが通るためのトンネルを作ります。

それが「蟻道」です。

このような「蟻道」を発見したら、まずはお気軽にHCSグループへお問い合わせください!福岡近郊は無料調査を行っております!

シロアリお役立ち情報

Column

お役立ち情報をもっと見る