福岡市・北九州市で新型コロナ対策のための光触媒コーティング

自分でシロアリの予防を行い住宅を守るには

福岡県の北九州市や直方市で、木造住宅に住んでいる人にとってもシロアリ被害は心配です。テレビなどで見るシロアリの情報を見ると、ほとんどが深刻な状況になっています。少しでも住宅に長く住むために、自分でできることはしておきたいものです。

シロアリの好きな環境を作らない

シロアリは地球上で最も数の多い昆虫です。主食は木になり、めったに表面には出てきません。そのため目にすることは少ないです。家の天敵として扱われていますが、自然界では重要な役目をしています。木が倒木したとき腐って、地上に残らないように「森の分解者」として、木を土に還しているのです。しかし問題はシロアリが住宅の木を一生懸命、土に還そうとしていることです。シロアリは木造住宅にとって、恐怖の存在になっています。

予防法としては定期的に、点検することがあります。家の周辺では基礎コンクリートを見ていきましょう。もしコンクリートに不自然な土の道ができていたら、シロアリの通り道になっている可能性があります。そしてシロアリは湿気を好むため、基礎に設置している換気口は塞がないようにすることです。室外機や荷物で換気口を、ふさいでいないかチェックしましょう。それから少し大変ですが床下も点検します。このとき汚れても良い服装、懐中電灯、軍手、ドライバーを用意します。主に見るのはシロアリの存在と湿気です。「床下が濡れていないか」、「配管から水漏れがないか」、「床下の木が湿って柔らかくなっていないか」を見ていきます。

そして積極的なシロアリ防止法として、防除剤の散布と調湿シートがあります。防除剤は地中から侵入してくるシロアリを防ぐためのものです。床下や建物の周辺に散布します。また調湿シートは余分な湿気を吸い取るもので、シロアリが好む暗くてジメジメした環境を作らないようにします。これらの対策を自分で行って、もしシロアリの存在を感じたり床下が湿っていたりしたら、一度福岡県の北九州市や直方市の専門業者であるHCSグループにぜひ相談ください。自分でシロアリ予防をしていても限界があります。専門業者であれば効果の高い対策をしてくれるため、大きい被害を防いでくれます。

自分で行うシロアリ対策

シロアリは木造住宅の天敵です。自分でできる予防法としては点検があります。外の基礎コンクリートの換気口、床下のシロアリの存在や湿気を見ていきます。また防腐剤の散布や調湿シートは、積極的な防止法です。しかしシロアリの存在を感じた場合は、大きな被害を防ぐためにも、すぐに株式会社HCSグループまでご連絡お願いいたします!

シロアリお役立ち情報

Column

お役立ち情報をもっと見る