福岡市・北九州市で新型コロナ対策のための光触媒コーティング

自分でもできるシロアリ予防対策とは

シロアリはマイホームを破壊するとても恐ろしい害虫です。シロアリはどこから侵入してくるかわからないですし、侵入された際にはどこに住み着いているのか、素人に判断するのがとても困難です。したがってあらかじめ予防することがとても重要となります。

自宅の周りに捨てられている木材を放置しない

シロアリを寄せ付けないために最も効果があるのは家の床下に侵入し、シロアリが寄ってこないように薬剤を散布することですが、素人が床下に入るのはたいへんですし、完璧に白アリが寄り付かないように薬剤を散布することも難しいです。ですからシロアリが寄り付いてこないような環境を整えるようにしましょう。シロアリが好んで食べる物は死んでいる木材です。特に自宅の周辺に切り株を放置しているのはシロアリに餌を提供しているようなものなので、可能であればすぐにでも根っこごと掘り起こして廃棄するようにしましょう。また段ボールもシロアリは大好物です。屋外に段ボールに入れたまま、物を放置しないようにしてください。

建物周辺の環境にも注意

家周辺は木材だけではなく、環境も定期的にチェックしておきたいところです。特に注意してほしいのが通気口をふさいでいる、あるいは通気口がない家です。通気口がふさがっていたり無かったりすると湿気がこもり、シロアリに床下から侵入されやすくなります。通気口が開いていない家に住んでいる場合は定期的に業者に床下をチェックしてもらったほうが無難です。株式会社HCSグループは、シロアリが寄り付かないための予防だけではなく、実際にシロアリ被害に遭ったお宅のシロアリ駆除もおこなっています。また、ブログ内ではシロアリに関するさまざまな情報を掲載しているので、自分で予防する際の参考にしてみてください。

家の周辺を整理しよう

シロアリ予防の基本はシロアリが寄り付きにくい環境を整えることです。特に死んでいる木材や段ボールを放置するのはシロアリを寄せ付けるようなものなので、定期的に家の周辺をチェックし、該当する者があれば速やかに廃棄しましょう。

シロアリお役立ち情報

Column

お役立ち情報をもっと見る