福岡市・北九州市で新型コロナ対策のための光触媒コーティング

床下調査

本日は中間市のお客様の床下調査に来ています。

床下部分はベタ基礎と呼ばれるコンクリートを打設してある造りで湿気の影響を受けにくい造りとなっております。

しかしながら、押入れ部分にカビが生えるとのことで床下部分を見てみると外部から水の侵入が確認されました。

地元の工務店様との協力で水の侵入原因を特定し外部の防水を施しました。

このように床下調査から分かることもありますのでお気軽にお問い合わせください。

シロアリお役立ち情報

Column

お役立ち情報をもっと見る