福岡市・北九州市で新型コロナ対策のための光触媒コーティング

床下の調湿対策

今日は、福津市のお客様の再消毒に伺いました。

以前の施工から5年経過した床下を確認してみると束石(床を支える束柱の下部に敷く石)が地面からの湿気でボロボロになっておりました。

束石の損傷で家屋倒壊のリスクは極めて低いのですが、床鳴りや床の沈みの原因になります。

損傷した束石の横に補助材として鋼製束を設置、そもそもの原因である床下土壌面にベタ基礎(床下の土壌部分がコンクリート造りの構造)と同等まで引き上げる調湿材の石を敷設しました。

また、通気流動を確保するために床下換気扇を設置し、調湿対策は万全です。

施工後、お客様より「大変な作業でしたね、ありがとうございました。」と感謝のお言葉を頂きました。

私共としてはお客様のお声が何よりの励みになります。

大切な住まいのメンテナンスに貢献できることを誇りに今後とも施工していきたいと思いました。

シロアリお役立ち情報

Column

お役立ち情報をもっと見る