温暖な福岡でのシロアリ対策における注意点とは

周辺環境のよさや、不動産価格がお値打ちなことを理由に、福岡を拠点とする人が急増しています。東京から引っ越してくる人も多く、住宅地が広がるエリアとなっていますが、白蟻に対する対策は十分に行っておく必要があります。

イエシロアリとヤマトシロアリ

白蟻は日本全国に生息しています。小さな体の虫ですが、与える被害は深刻なものです。床下や柱の内部などを侵食して、家自体の構造に影響を与えることも少なくないのです。集団生活を好み、大群で暮らす白ありは、早めに対策を打つことが重要と言われています。

日本に生息していて、建物に深刻な影響を与える白アリの種類は大きく分けると2種類です。イエシロアリとヤマトシロアリですが、実は分布している地域が異なることが知られています。イエシロアリは寒さに弱いという特徴を持っています。そのために、日本では温暖な西日本に多く生息しています。一方ヤマトシロアリは暑さに弱いという性質があるのですが、暑い夏などは地中や涼しい場所に巣ごと移動するために、日本全国で生息しているのです。つまり、福岡周辺ではイエシロアリとヤマトシロアリ両方の対策が必要となってくるわけです。

知識のある業者に依頼することが大切

ヤマトシロアリは、ひとつの巣でだいたい2~3万引きの白アリが生息しています。一方でイエシロアリの巣はもっと大きく、なかには100万匹近い数が集団となっていることもあるのです。イエシロアリの怖さは、その数だけではありません。性格がどう猛で、木造建築物だけでなく、コンクリート住宅や庭の立ち木にも被害を及ぼすのです。数が多いため、被害が広がるのも早いと言われており、早めに対策を打たなければならないと言われています。

せっかくのマイホームが被害に遭わないためにも、なるべく早く、適切な処置を行うことが重要なポイントで、福岡にも多く生息するイエシロアリ対策も行ってくれる業者を選ぶようにしましょう。

福岡での白アリ対策は業者選びが大切

日本全国に生息する白アリですが、福岡など西日本にはヤマトシロアリだけでなく、どう猛でコンクリート建物にも寝食するイエシロアリも生息しています。被害が大きくなる前に、素早く適切な処置を行ってくれる業者を探すことが大切なのです。

シロアリお役立ち情報

Column

お役立ち情報をもっと見る