福岡市・北九州市で新型コロナ対策のための光触媒コーティング

イエシロアリの調査に行ってきました

イエシロアリの季節になりました。

イエシロアリは建物や土中に塊状の大きな巣を作ります。
加害速度も非常に速く、建物の乾燥した木材でも水を運んできて、湿らせながら加害していきます。

大変危険なシロアリで、家が傾いたりなど建物全体に被害がおよぶ可能性があります。

イエシロアリの生息地

千葉県以西の海岸線に沿った温暖な地域と言われています。

寒さに弱いので比較的暖かい地域に生息します。

また乾燥にもとても弱いので、外気や太陽光にさらされると体内の水分が失われるので、すぐ死んでしまいます。そのため暗くて湿った場所を棲家にして生活をします。

土中や材木の中を主な活動場所として、外気にさらされた場所を移動するときは、土や自らの分泌物で蟻道(ぎどう)と呼ばれるトンネルを作り、体を保護しながらその中を進みます。

イエシロアリの実際の動画

イエシロアリを実際に調査した際に撮影した動画です。

 

イエシロアリの生態

イエシロアリは、ほかのシロアリとは異なり、建物の下や地中に、特別に加工した塊状の大きな巣を作ります。その巣を中心に、行動範囲は100メートルにも及ぶといわれています。

少しでも怪しいと思ったら・・・

羽アリであれば羽を見つけたら調査すればいいのですが、羽がまだないこの時期は少しでも怪しいと思ったらお気軽にHCSグループへお問い合わせください。床下も無料で調査いたします。

シロアリお役立ち情報

Column

お役立ち情報をもっと見る