基礎断熱の防蟻処理について

本日は、築10年目のシロアリの予防消毒にやってきました。

現在の新築は、ベタ基礎(地面にコンクリートを敷いている基礎)でユニットバスのお家が一般的ですので、シロアリのリスクも在来のお家に比べて低いです。

近年、様々な建築工法で家が建っており、その中でも基礎に断熱性能を備えた、基礎断熱造の家があります。

私的に、基礎断熱について異論があるわけではありませんが、防蟻の観点からリスクが上がるかと思います。

この様に、基礎と土台の隙間にウレタンで断熱することにより、断熱効率は良くなるかとは思いますが、ウレタンフォームの奥まで薬剤が届くかは、一抹の不安があります。

しろあり防除士として、一抹の不安が残る施工は、再発(シロアリに侵入される)につながります。

この様な断熱部分には、細かく穿孔注入処理を行います。

シロアリ予防消毒工事のご依頼を頂いたお客様は、シロアリ被害を未然に防ぎたいために頼まれるのですから、私たち施工業者も最善を尽くします。

当社の施工は、シロアリ保証5年付きですので、万が一にも安心です。また、仮にシロアリによる被害があった場合の建物の改修費用を適宜負担する保証も付帯しておりますので、ご安心ください。

シロアリの調査、お見積りは無料にて行いますので、お気軽にご相談ください。