事務所のシロアリ駆除

本日は、北九州の事務所のシロアリ駆除に来ております。

事務所廊下の壁の部分から凄い数の羽アリが出たとのことで依頼いただき、大工さんと共同作業でシロアリ駆除を行います。

廊下の羽アリが出たという部分の壁を開口しました。

壁を形成している部分の下部をよく見てみると受けと呼ばれる木材が地面と接地しています。画像は受けを取り除いた後になりますが、受け材の跡がしっかりと残っているのが分かります。

シロアリや木材腐朽(木が腐る現象)のことを考えると、地面と木材を接地させることは控えなければならないと考えます。

これには、大工さんも苦笑いをしておりました。シロアリ駆除後は、対策を考えて大工さんが改修工事を行います。

シロアリが生息している部分や導線に細かくドリルで穿孔し、薬剤を注入していきます。

薬剤がしっかり回るとシロアリや羽アリがノックアウト(ひっくり返っている状況)しております。薬が効いている状態です。

駆除完了後に大工さんに引き渡し、改修工事に入ります。

弊社では、改修工事が伴う作業の場合、工務店様や工事業者様と連携をとりながら防蟻作業を行っております。工務店様や工事業者様でもお気軽にご相談ください。