シロアリの予防消毒

本日は、以前調査した際に水漏れを確認したお宅のシロアリ消毒に来ています。

このお宅は、給水設備の老朽化により、浴室壁内から床下に水漏れがありました。

水漏れを起こすと、蟻害のリスクが格段に上がります。また、シロアリ被害だけではなく、カビの発生や木材の腐朽といった潜在的リスクもあります。

幸い、シロアリ被害はありませんでしたが、床下湿度が高くカビの発生を確認しました。

対策として、シロアリの予防駆除剤に防カビ剤を添加することで、カビの発生を抑制する施工をいたします。

玄関部分や勝手口など、床下側から作業出来ない土壌面には、上部からドリルで穿孔後薬剤を注入処理します。

床下側では、木材に木工用ドリルで穿孔後薬剤を注入処理します。その後、木材腐朽菌が入らない様に木栓で封入します。

基礎の立ち上がり部分や束石の周りには、十分に薬剤を散布処理します。

防カビ処理も同時に行いますので、土台、大引、根太といった木部にも散布処理をします。

作業時間の目安は、20坪のお宅で2~3時間程度で完了します。

シロアリの保証期間は5年間ですので、定期的なシロアリ予防消毒をおすすめいたします。

 

床下の調査、お見積りは無料にて行いますので、お気軽にご相談ください。