アパート・マンションなど賃貸物件でのシロアリ駆除方法・費用について

鉄骨アパートのシロアリ被害

福岡県では一戸建てを建築するときにはシロアリ対策を行うのが一般的ですが、アパートやマンションといった賃貸住宅を建てるときは必ずしもシロアリ対策が行われてはいません。住宅を建設する際、白蟻対策を行う義務はなく、費用も高額なので積極的に勧めない建設会社もあるからです。また、鉄骨アパートや鉄筋コンクリート造のマンションなら白アリは発生しないと甘く考えている方もいますが、実はそんなことはありません。木造より白蟻が侵入しにくいというだけで、鉄骨アパートやマンションで白アリが繁殖する可能性はきわめて高いものです。

入居者のマナーが原因?

賃貸マンションでシロアリが繁殖する理由はいくつかありますが、大きな原因のひとつが建物の衛生管理がきちんとされていないケースです。賃貸で入居している居住者は、建物が長く使えるようにと気を使うことはまずありません。入居している賃貸が古くなったら、新しい賃貸に引っ越していけばいいからです。そのため、室内の換気や清掃をきちんと行わず、白アリが繁殖しやすい環境を作ってしまう人もいます。白ありはやわらかくてかじりやすい木材を好み、床下から土台や柱の割れ目に沿って侵入するケースが多いですが、水回りでよく繁殖していることからも分かるように湿気を好みます。賃貸物件に入居している方は日中誰も家にいなければ、その間窓を閉め切って換気をしていないという方もいます。そのような部屋はたとえ鉄骨やコンクリート造でも、風通しのいい木造の家より白アリが繁殖しやすい環境になっています。

賃貸物件の注意点

賃貸物件で白ありが発生した場合、その駆除費用はだれが負担するのかというとはっきりとした決まりはありません。明らかに建物に問題がある場合は施主が負担しなければいけませんし、居住者が白アリが繁殖しやすい環境を作っている場合は居住者が負担しなければいけないケースもあります。いずれにしても個人で判断できる内容ではないので、専門業者に間に入って調査してもらうのが賢明です。そして、実際に駆除を行う場合は、白ありが発生した場所だけ駆除を行ってもあまり意味はありません。一つの部屋で白ありが発生した以上、隣接した別の部屋にもすでに侵入している可能性があります。集合住宅の場合、どこまでシロアリ駆除の範囲を広げるかはとても難しい問題です。できるだけ広範囲に行った方が賢明ですが、費用との兼ね合いもあるでしょう。また、シロアリ駆除を行う際は駆除の方法によっては食器類は密封し、入居者やペットがいない状態で行わなければいけませんが、駆除を行わない近隣の部屋の居住者にも同様に部屋を出てもらわなければいけません。なぜなら、駆除剤が隣室や上階に風で流れてしまうからです。シロアリ駆除の方法は、白アリが繁殖している箇所やアリ道に薬剤を散布します。価格はどんな駆除方法を行うかで変わりますが、駆除費用は分かりやすいように駆除面積単価で提示されるのが一般的です。また、駆除面積が広い場合は面積に応じて金額が安くなるので、その意味でも賃貸物件は全室一緒に駆除を行う方がお得と言えます。また、シロアリ駆除には5~10年の保証がついていますが、白アリが発生するたびに局所的に駆除を行っているとどの部分の補償がいつまでだったか分からなくなってしまうため、全室同時に行うと管理もしやすいでしょう。

賃貸物件でもシロアリ対策は必要です

賃貸物件でも、建設時に白アリ対策を行えば白蟻の発生を未然に防げるだけでなく、契約内容によって5年~10年間の無料サポートを受けることが出来るので、結果的には費用が安く済みます。それに施主側がきちんとシロアリ対策を行っていれば万が一白アリが発生した場合、その責任は入居者にあることになりますし、入居者の住み方に問題がない場合はシロアリ駆除業者の保証の範囲で無料で駆除を行ってもらえます。

福岡は梅雨の時期は湿気がひどく、夏は暑さが厳しいシロアリが発生しやすい地域です。地域の土地柄を理解して、適切なシロアリ対策を行いましょう。

シロアリお役立ち情報

Column

お役立ち情報をもっと見る