福岡市・北九州市で新型コロナ対策のための光触媒コーティング

家の基礎、コンクリートのお話・・・

今日は、『縁の下の力持ち』お家を支えているコンクリート基礎のお話です。

昨今の基礎には、コンクリート強度を上げるために鉄筋が入っています。例えて言うなら、人体の骨の部分にあたります。

通常、コンクリートはアルカリ性のため、コンクリート内部に埋設してある鉄筋が錆びることはありませんが、クラック(コンクリートのひび割れ)等により内部に水が入り、中性化という現象が起こります。

中性化が起こると、内部にある鉄筋が腐食し始めます。

鉄筋の腐食が起こると、鉄筋が錆により膨張し、コンクリートを押し出すようになります。

この状態を【基礎の爆裂】と言います。

基礎の爆裂
基礎の爆裂
基礎の爆裂
基礎の爆裂

基礎が爆裂すると、基礎強度が下がります。基礎強度が下がると地震などの影響により、基礎が崩壊する可能性があります。

当然、基礎の上には土台や柱などがあります。

基礎の支えがない土台や柱などは歪みが生じます。

最悪の場合、家屋倒壊の危険性も考えられます。

鉄筋の腐食により、コンクリート部分が押し出され、軽く触れただけで基礎が脱落しました。

この様な爆裂でも、当社なら補修可能です!!

鉄筋部分をケレン(錆落とし)作業、錆止め処理、エポキシ樹脂+アラミド繊維シートによる補修を行います。

基礎の補修については、別の記事でご紹介いたします。

大切なご自宅を守るために、定期的な床下点検をおすすめいたします。

床下調査、お見積りは無料にて行いますので、お気軽にご相談ください。

シロアリお役立ち情報

Column

お役立ち情報をもっと見る