福岡市・北九州市で新型コロナ対策のための光触媒コーティング

福岡県筑紫野市にてヤマトシロアリ調査に行ってきました

先日は福岡県筑紫野市へヤマトシロアリの調査に行ってまいりました。

筑紫野シロアリ調査床下
筑紫野市シロアリ蟻道
筑紫野市シロアリ蟻道(床下)
筑紫野市シロアリ蟻道

しっかりと「蟻道」(ぎどう)が確認できますね。

「蟻道」とは?

「蟻道」とは、その字のごとく「アリの道」の事で、シロアリが土や排泄物・餌の食べかすで作った「餌場へ向かうトンネル」のことです。
シロアリは光や乾燥を嫌いますので、地中から餌の木材までの道のりに「蟻道」という道路を作り、その中を行き来します。
シロアリ被害を見つける場合も、この蟻道の発見が肝心です。
今回の福岡県筑紫野市のようにシロアリは家の外側でも鉄でもコンクリートでも「蟻道」を作り、木部まで侵入していきますので、「木造住宅ではないから安心」と言うこともありません。
しっかりとしたプロの防除技術が必要です。

さらに床下に放置された木材をめくってみると・・・

福岡県筑紫野市床下シロアリ調査木材

しっかりとヤマトシロアリの被害に合っていました。

こういった形で床下に木材を放置していると、シロアリの被害の拡大の要因になります。

弊社ではこういったシロアリ被害拡大を防ぐべく、二次被害にならないようきちんと廃棄処理しております。

福岡ではもうすぐシロアリが発生する季節になります。少しでも怪しいなと感じましたらまずはお気軽にHCSグループへお問い合わせください。

シロアリお役立ち情報

Column

お役立ち情報をもっと見る