東京の新型コロナウイルス消毒業者HCSグループ株式会社
HCSグループ

対応エリア東京・神奈川・千葉・埼玉(一部地域を除く)

東京都近郊で新型コロナウイルス罹患者
発生した企業・事務所・施設・店舗の
除菌・消毒を行う業者です

新型コロナ消毒料金平米あたり500円から

迅速な対応を行うために事前の無料相談をお勧めしています。

今すぐお問い合わせはコチラ

新型コロナウイルスに罹患された皆様および感染拡大により生活に影響を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
このページでは、東京都近郊の新型コロナウイルス罹患者が発生した事業所の専門業者による除菌・消毒についてのご説明をしています。
当社では、迅速な対応ができる範囲(東京・神奈川・千葉・埼玉(一部地域を除く))の対応を致しております。

LINEで送るボタンをクリックするとこのページを簡単にLINEで知人に知らせることができます。また、keep(LINEの機能)に登録すれば、再度このサイトを訪れるときに便利です。

新型コロナウイルス店舗・オフィスの消毒の施工の流れ

1クリーンスペースの確保

コロナウイルス消毒(除菌)を行う際には作業によりウイルスが飛沫します。飛沫したウイルスは落下し床などに蓄積されます。また、作業員の防護服にも付着しますので、防護服を着脱する衛生環境が保たれたスペースの確保を行うことで2次感染を防ぎます。

新型コロナ消毒(除菌)作業前のクリーンスペースの確保

2高所から消毒(除菌)作業の開始

ウイルスが飛沫すると低いところへ落下するため、高いところから消毒(除菌)作業を行います。

高い場所からウイルスの消毒を開始

3床の消毒(除菌)作業

拭き取りを必要としない次亜塩素水を床全体に散布し自然乾燥させます。

次亜塩素水をULV噴霧する新型コロナウイルスの消毒作業

4次亜塩素水をULV噴霧

次亜塩素水を極微細な霧状にするULV技術を用いて施工空間全体に噴霧します。

空間全体に次亜塩素水をULV噴霧する除菌作業

5噴霧処理後の換気

施工空間の広さに応じて1~2時間程度換気を行います。

ULV噴霧後の換気

6退出作業

2次感染を防ぐため、施工場所に持ち込んだ消毒器具は、全て消毒します。
また、防護服は、使い捨てです。密閉容器に入れ持ち帰り、廃棄物として処分します。

二次感染を防止するため器具の消毒の徹底

使用する消毒薬剤について

次亜塩素酸水・次亜塩素酸ナトリウム・アルコールです。
アルコールは濃度が高いものを使用するため、火気に対しての取扱を慎重に取り扱う必要があります。
また、次亜塩素酸ナトリウムはPHが非常に高いため酸化、変色などがおこる場合があるため対象の材質によって選択しております。

※次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは成分が異なる薬剤です。

新型コロナウイルス除菌・消毒のご注文までの流れ

1まずは、メールまたは、お電話にてお問い合わせください

簡単な質問やご相談はまずはメールにてお願いしています。
現在、新型コロナウイルス感染拡大によりお問い合わせが急増しております。
緊急でのお電話が繋ながりにくい状況がございます。ご協力の程よろしくお願いいたします。

2当社からご注文までの流れのご説明資料(PDF)URL送付

お客様が今置かれている状態に応じたご注文までの流れのご説明資料を返信(URL)させていただいております。
説明資料だけでは、分かりずらい場合などはご質問ください。
また、緊急を要する場合はお電話をお願いいたします。

3PCR検査該当者発生

緊急な対応をする為に、PCR検査該当者が発生しましたら、一度お電話ください。
PCR検査結果には約2日程度を要します。
2日後の仮予約を入れさせてもらいます。(この時点のキャンセル料は無料です)

4該当者の活動エリアの特定と概算のお見積もり

PCR検査を受けている間に、できるだけわかりやすく、PCR検査該当者の施設内での活動範囲を確定してください。オフィス・店舗の場合は図面があればスムーズに見積もり作業が行えます。

5陽性反応確定

PCR検査の結果をお電話ください。
検査結果が陽性の場合には作業に向けて対応を開始します(この時点でのキャンセルは出来かねます)

6除染範囲の設定

陽性反応の方の事業所内での活動範囲を特定していただきます。
この時点で、正確な消毒範囲が確定となりますので、最終見積りとなります。

7新型コロナウイルス除染作業の開始

オプションで光触媒によるウイルス対策・予防を実施しています

サービス対応エリア

新型コロナウイルス消毒サービスエリア

東京都・神奈川・千葉・埼玉(一部地域を除く)
詳細なエリアについては、お手数ですがお問い合わせください。

PCR検査で陽性反応者が既に出ている場合など緊急性が高い場合は、
お電話にてご相談ください。

タップでそのまま通話

0800-800-2458

緊急のお電話がつながりにくくなっています。
簡単なご質問・お問い合わせはメールフォームにてお願い申し上げます。

受付9:00~18:00(日・祝日定休)

お問い合わせの前にお客様の状況別ご対応の流れ(pdf)をご確認ください

メールでのお問い合わせ

    会社名・店舗名任意

    お名前必須

    メールアドレス必須

    電話番号必須

    郵便番号(ご依頼場所)必須


    ハイフンを入れずにご入力ください。
    該当の住所が自動入力されます。

    都道府県必須

    以降の住所必須

    建物名任意

    お問い合わせの内容必須

    新型コロナウイルスの除菌・消毒に関するよくある質問

    新型コロナウイルスの除菌方法を教えてください。

    対象となる素材などを検討したうえで、基本は薬剤による拭き上げ作業となります。
    また、空間の隅々まで、除菌を行うため、薬剤をULV(極微細な霧状)噴霧いたします。

    PCR検査陽性者が発生した場合は建物全体の消毒が必要ですか?

    いいえ、違います。
    陽性反応者の活動範囲が消毒エリアとなりますので、建物全てが対象ではありません。
    その為、従業員の方の活動箇所を把握しておく事で、消毒範囲を狭める事が可能です。

    薬剤を散布するのですか?

    従業員のかたが接触する頻度が高い所は、薬剤による拭き上げが、基本の除菌作業になります。
    また、拭き上げでは、行き届きにくい空間のすき間などにも行き届かせる目的で薬剤を噴霧いたします。
    その場合でも、精密機器など影響が考えられる設備がある場合は、他の方法を検討いたします。

    東京都なら即日対応可能ですか?

    東京都は即日の対応も可能です。
    即日の作業を可能にする為に予めPCR検査中の段階でご連絡をお願いしております。
    現在東京都では、検査結果が判明するまでに約2日程度かかるようなので、その間に作業員の手配などを行い陽性反応が分かった場合、迅速な対応をしています。

    消毒液は何を使いますか?

    次亜塩素酸水・次亜塩素酸ナトリウム・アルコールです。
    アルコールは濃度が高いものを使用するため、火気に対しての取扱を慎重に取り扱う必要があります。
    また、次亜塩素酸ナトリウムはPHが非常に高いため酸化、変色などがおこる場合があるため対象の材質によって選択しております。

    カーテンや布製のソファーは処分したほうがいいですか?

    カーテンなどの布製品も消毒は可能です。
    念のため一度煮沸消毒後洗濯して再利用が一番望ましいです。

    新型コロナウイルスの除菌施工はどのくらいの時間かかりますか?

    小規模のオフィス・店舗の場合は、半日程度の時間を要します。
    大型の施設の場合は、1日から2日かかる場合がございます。

    事前にお見積りだけいただけますか?

    施工する場所の内容をお伺いしたうえで、平米単価による概算のお見積りでしたらお伝えすることは可能です。
    施工範囲が確定した段階での正式見積りとなります。

    工場など機械がある場所は対応できますか?

    機械に影響が出ない薬剤を検討する必要がありますが、対応させていただいています。

    PCR検査で陽性反応者が既に出ている場合など緊急性が高い場合は、
    お電話にてご相談ください。

    タップでそのまま通話

    0800-800-2458

    緊急のお電話がつながりにくくなっています。
    簡単なご質問・お問い合わせはメールフォームにてお願い申し上げます。

    受付9:00~18:00(日・祝日定休)

    お問い合わせの前にお客様の状況別ご対応の流れ(pdf)をご確認ください

    メールでのお問い合わせはコチラ

    東京都近郊の新型コロナ関連の情報をまとめましたので、是非ご活用ください

    東京都発表の新型コロナウイルス関連情報

    Powered by RSSリスティング

    神奈川県発表の新型コロナウイルス関連情報

    Powered by RSSリスティング